若山耀人(きらと) 元子役の転落

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲若山耀人(20)

若山耀人(わかやま きらと)2003年8月13日生まれ、20歳

栃木県那須町の河川敷で、夫婦の焼死体が見つかった事件

若山耀人は、遺体に火を付けた実行役のひとりとみられている

東京の上野に近い御徒町の飲食店街、そこの飲食店経営者、宝島龍太郎さん(55)と幸子さん(56)の遺体に火をつけ死体損壊した疑い

宝島龍太郎さんは、この飲食店街で焼肉屋など10店舗以上を経営していた

 

現在の若山耀人の逮捕理由は死体損壊だが、おそらくこのあと殺人罪が加わるだろう

そうなれば今後数年間の刑事裁判、さらに死刑でなければ、少なくとも20年のムショ暮らし

それでも早ければ40代で出所するだろうが、死ぬまで「元殺人犯」の汚名を負う

▲軍師官兵衛の幼少期・万吉役で出演

2014年、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に主人公(黒田官兵衛)の幼少期・万吉役で出演後、主人公の嫡男・松寿丸役で再び登場

十代にして大変な幸運に恵まれたシンデレラボーイ、だったはず

若くして世間の脚光を浴びるというのは、非常に危険なこと

脚光を浴びることへの耐性(抵抗力、免疫、人格)が出来ていない者に、脚光は猛毒になる

徳川家康も言っているが、

若い時の最大の危険は

悪い仲間の影響を受けやすいこと

そしてシンデレラボーイには、群がるように悪い仲間が寄ってくる

若いころというのは、えてして

仲間内で自分の武勇伝を誇りたくなる

回転寿司で愚かな若者が醤油のボトルをナメて、YouTubeにアップしたりするのも、この仲間内への武勇伝づくり

少年の心の中には、周囲をあっと言わせたい、強烈な欲求がある

これは男の子の本能だから、親や社会がしっかり教育や監視をしないと、必ずこうゆう武勇伝づくり的な行動に走りがち

中年の男が不倫に走りがちなのと何も変わらない、DNAに刻まれた人間(男)の本能

スポーツやコンクールで優勝するとか、一流大学に合格するとか、世間から評価されるような立派な武勇伝なら何の問題も無い

だがそれが出来ない無能な少年の中には、普通の人間がしないような愚かな行動をしてでも、世間の注目を浴びて自分の武勇伝をつくろうとする者も出てくる

それほど、武勇伝づくりへの少年の本能(欲求)は強烈なのだ

ウラ社会には、このような少年の本能を利用する仕組みがあって

「お前が男になるチャンスを与えてやる」

などと甘い誘いをかけてくる

この誘いには、数百万円程度のご褒美が伴うこともある

少年の本能などに配慮して、19歳までなら少年法による保護もあるが、20歳なら100%刑事責任を追及される

たいていの少年は20歳くらいまでには、少年の本能を克服して成熟した大人になる

だが中には成熟が遅い者もいて、チンピラヤクザになったりする

いわゆる鉄砲玉(ヒットマン)という奴で、ウラ社会の支配者には便利な存在だ

今回の若山耀人は、最も割に合わない年齢で、最も割に合わない犯罪を犯した

まさしく、世にもマレに見る転落人生ということができる

韓国籍の姜光紀(カン・グァンギ、20)と若山耀人は、4/27から指名手配されていた

この事件には、まだ未解明な殺害指示(依頼)ルートがある

ある人物→佐々木光(28)→平山綾拳(25)→姜光紀(20)、若山耀人(20)

警察もマスコミも今、この「ある人物」を追っている

この人物が若山耀人に、「男になるチャンス」を与えたのか?

((((;゚д゚))))

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*